盛岡市東安庭の住宅メーカー、シリウス(佐藤幸夫代表取締役)は2019年度に採用する新入社員から、入社準備金10万円の支給を始める。県内企業が人手不足に見舞われる中、魅力の一つとして打ち出す。

 19年度の対象者は12人で、スーツなどの支度に充ててもらう。このほか、賃貸アパート・マンションを探す場合には別途10万円を支給し、Uターン就職など人材定着につなげる。

 同社は8年ほど前から独自の子ども手当を設け、第2子誕生時に50万円、第3子には100万円を支給している。一連の制度は人口減少や県外流出への危機感から発案した。