ソフトウエア研究開発のゴーイング・ドットコム(東京都台東区、資本金5500万円、本垰(ほんたお)和孝社長)は今年、滝沢市巣子に研究開発拠点を新設する。春に着工し、11月にも1棟目の操業を予定。将来的には3棟に増やし、当初の4人態勢から40人規模まで拡大を見込む。

 スマートフォンやタブレット型端末向けアプリケーションの研究開発に取り組む同社は、巣子地区の産業団地IPUイノベーションパーク25アールを滝沢市から取得。木造平屋建ての研究棟(床面積239平方メートル)を建設する。総事業費は8400万円。

 4年後には2棟目の操業を見込み、将来的には3棟まで増やす構想。研究所の一部を付近の県立大学生や地域に開放し、連携を促す。