花巻市上町のマルカンビル大食堂の定番メニュー以外の魅力を伝えることを目指す「100品制覇食レポプロジェクト」(実行委主催)は20日、同食堂で開かれた。会員制交流サイト(SNS)での募集に応じた県内外の97人が参加し、ドリンクと期間限定メニューを除いた100品を手分けして味わった。実行委は参加者の感想をまとめ、2月下旬をめどにインターネットサイトで発信する。

 同食堂のメニューは、インターネットや観光関連の書籍などで紹介されている名物のナポリかつや10段巻きソフトクリームにばかり注目が集まりがち。同ビルで焼き芋店を営み、食堂をよく利用する榊原亮さん(24)が知人4人と実行委を組織。▽「マルカン 食堂」と検索したときに最上位で表示されるサイトを製作する▽定番以外のメニューの魅力を発信する-などを目的にプロジェクトを企画した。

 同日はラーメン、すし、定食、パフェなど100品のメニューが用意され、参加者は1、2品ずつ食べて、味の特徴や見た目の感想を用紙に記入。食べたことのないメニューに新たな発見をした参加者も多く、同食堂に長年通う同市藤沢町の柏葉公敬(まさのり)さん(67)は「初めておろしそばを食べたが、さっぱりした味わいで心に染みる」と声を弾ませた。