大学入試センター試験は20日、全国の会場で理科と数学を実施し、2日間の日程を終えた。県内は岩手大、県立大、同大宮古短期大学部、盛岡大、富士大、釜石高、大船渡高の7会場で実施され、混乱なく2日間の日程を終了した。

 盛岡市上田の岩手大では、最後の理科②を終えた受験生が午後6時ごろから帰路に就いた。

 福岡高3年の生徒は、バスの前で迎える教員を見つけ、ほっとした表情で駆け寄った。高瀬なつ美さんは「少し不安が残るけれど、やり切った。早く帰って眠りたい」と頰を緩めた。