任期満了に伴う軽米町長選は20日、投開票が行われ、現職山本賢一氏(64)が元会社員の新人竹花弘二氏(66)を破り5選した。無所属2氏による一騎打ちは、経験と実績を掲げた山本氏が町政刷新を目指した竹花氏に1446票差で勝利した。投票率は67・59%で、三つどもえの選挙戦となった前回2015年を7・71ポイント下回った。

 山本氏は昨年11月、「安全で快適な町の創生に向け、引き続きまい進する」と出馬表明。子育て支援充実や農林業振興、町民所得向上などを掲げ4期16年の実績を強調した。

 投票は20日午前7時から午後6時まで町内24投票所で行われ、同8時から町農村環境改善センターで即日開票した。