県と釜石市は19日、同市大町のTETTO(テット)で「岩手の未来を切り拓(ひら)く 復興道路シンポジウム」を開いた。沿岸と内陸を結ぶ釜石花巻道路(総延長80キロ)が3月末までの全線開通を予定する中、市民ら約400人が新たな道路網を生かした地域振興や東日本大震災の教訓発信へ決意を新たにした。

 政策研究大学院大の徳山日出男客員教授が「本物の復興を成し遂げるために」と題して基調講演。震災時、国土交通省東北地方整備局長として指揮を執り、復興道路全線事業化に尽力した経験を伝えた。

 内陸と沿岸を結ぶ復興支援道路の全線開通は県内初。かつてないスピードで進む道路整備について「多くの尊い犠牲の上でみんなが一丸となった結果」とし、「完成して終わりではなくこの道路を生かす方策が重要だ。物流・観光とともに災害の伝承も東北の使命と考え、地域の魅力を発信してほしい」と語った。