一戸町の奥中山夢あかり(実行委主催)は20日までの3日間、同町中山のIGRいわて銀河鉄道奥中山高原駅周辺で開かれている。約400個の灯籠が幻想的な光景を演出し、地元住民を楽しませている。

 19日は目玉となる馬そりの乗車体験を実施し、重さ千キロを超えるばん馬とポニー2頭がそりを引いてまちを疾走。子どもたちは迫力満点の馬に圧倒されながらも、歓声を上げて冬ならではの催しを満喫した。

 同日は神楽のステージ発表や甘酒、牛乳の振る舞いのほか、花火の打ち上げなども行われた。イベント期間中、周辺8店舗によるはしご酒も行われ、同駅周辺は盛り上がりを見せる。