二戸市の鶏王国北いわて推進協議会(代表・英(はなぶさ)強県チキン協同組合常務理事)は19日、同市石切所の二戸地区合同庁舎で親子チキン料理教室を開いた。二戸地域が一大産地の鶏肉の消費拡大に向けた催しで、参加者が鶏肉に親しんだ。

 親子ら約20人が野菜の肉詰めや三色丼など、県産鶏肉をふんだんに使った料理に挑戦。子どもたちは慣れない手つきながらも調理に励み、完成品をおいしく味わった。

 同教室は昨年に続き2回目。同協議会は今月末まで「北いわてとり肉キャンペーン」を開催。県北地域の飲食店などで対象商品を購入し、レシートを貼付して応募すると抽選で鶏肉詰め合わせなどが贈られる。

 同キャンペーンの問い合わせは事務局(0195・23・9201)へ。