「遠野物語」の舞台、遠野市の遠野盆地の周囲にある「峠」の価値を見つめ直そうと、住民が動き始めた。有志がチームを結成し、現地調査に着手。物語に出てくる峠などの検証を進めて世界観を深掘りし、6月に同市で開かれる全国地名研究者遠野大会での発表を目指す。道路整備で峠道の存在感が薄まる中、交易や信仰など多様な歴史文化を刻む場所として光を当てようと取り組む。