盛岡市の福田パン(福田潔社長)が監修したお土産「あんバターサンドクッキー」が観光客らの人気を集めている。

 発売元は観光土産品の卸売りなどを展開するアイビー(仙台市、山本拓也社長)。福田パンの不動の人気商品「あんバター」をモチーフに開発した。コーンフレークを加えたあんバター風味のチョコをクッキーで挟んだお菓子で、福田社長(49)が試食し、味を調えた。パッケージには同社のロゴを使用している。

 2017年12月の発売から1年が過ぎ、お土産の1番人気となった店舗もある。盛岡駅ビルフェザンの土産店岩手路では週末に1日100箱ほど、お盆には1日300箱ほどが売れている。高橋奈緒美マネージャーは「これほど売れる商品は珍しい。福田パンの知名度の高さを感じる」と驚く。