8月のジャカルタ・アジア大会のソフトテニス女子個人・団体の2冠を達成した奥州市胆沢南都田出身の高橋乃綾(のあ)さん(22)の金メダル祝賀会は12月30日、同市水沢東町の水沢グランドホテルで開かれ、関係者らが日本勢初の快挙をたたえた。

 高橋さんが所属していた南都田ソフトテニススポーツ少年団(高橋南枝(なんし)代表)が主催。家族や同スポ少団員ら約100人が集まり、約1年ぶりに帰省した高橋さんを花束や余興などでねぎらった。

 高橋さんは「小さい頃からテニスの楽しさを教わってきたことや地元の声援があるから頑張れる。これからもいい報告をし、岩手に恩返ししたい」と感謝の思いを語った。