【ガルミッシュパルテンキルヘン(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は1日、ドイツのガルミッシュパルテンキルヘンで伝統のジャンプ週間第2戦を兼ねた個人第9戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、22歳の小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が合計266・6点で自身初の3連勝を飾った。今季、通算ともに6勝目で、葛西紀明(土屋ホーム)が持つ日本選手の同一シーズンW杯最多勝利記録に並んだ。

 1回目に136・5メートルで首位に立ち、2回目は133メートルでリードを守った。