盛岡広域8市町による盛岡広域首長懇談会(会長・谷藤裕明盛岡市長)は、若者の移住や定住の支援へ、本格的な対策に乗り出した。各地域の魅力を発信するガイドブックを作成し、移住希望者には現地視察するための補助として東京-盛岡駅間の交通費の一部を助成する。2月から移住希望者向けの体験会を初めて開催し、各自治体が連携して自然豊かな地域の魅力を発信する。

 ガイドブックは「コトはじめ」と銘打ち、A5判48ページで3千部発行。8市町の人口や地域の状況を写真やイラストを交えて分かりやすく紹介した。実際に東京から移住した夫婦など8組の体験談を掲載し、移住促進につなげる。

 初の移住希望者向け体験会は2月16日~3月17日に実施。各自治体担当者や地域おこし協力隊員が地域の生活や仕事について移住希望者の相談に乗る。

 体験会の参加者を2月11日まで募集。問い合わせは同戦略室(019・613・8370)へ。公式サイトはhttp://www.michinokumoriokakoiki.jp/