スキーの第68回県高校、中学校大会と第59回県選手権(ノルディック)の3大会最終日は14日、八幡平市の安比高原スキー場などで高校の大回転と距離リレーが行われ、高校大回転の男子は下川原涼太(平舘3年)が2回目にラップを奪い初優勝を飾った。女子は小田島冬美香(ふみか)(盛岡中央3年)が2回目に逆転して2連覇を果たした。

 リレーの中学校男子(5キロ×4人)は雫石が2年ぶりに王座を奪還し、女子(3キロ×3人)は雫石が7連覇を果たした。高校、県選手権(男子5キロ×4人、女子3キロ×3人)は唯一出場の盛岡南高が男女ともに優勝した。学校対抗の高校は男子が盛岡中央、女子は盛岡南、中学校は男子が雫石、女子は奥中山(一戸)が頂点に立った。