14日の県内は放射冷却現象の影響で朝に冷え込み、36観測地点中12地点で今季最低となった。葛巻町葛巻のくずまき高原牧場では、子どもたちがイヌイットの仮設住居「イグルー」作りに励んだ。

 長期自然体験「スノーワンダーランド」の一環で、30人の子どもたちが3グループに分かれて挑戦。踏み固めた雪をのこぎりで切り出しては積み重ね、高さ約3メートルのイグルーを七つ完成させた。

 製作は11日に着手した。初参加した紫波・日詰小2年の三浦孝介くんは「思ったよりも大きくてびっくり」と驚き、奥州・稲瀬小5年の和賀柚子(ゆじゅ)さんは「みんなで楽しみながら作ることができた」と喜んだ。