岩泉町復興サッカー教室(岩泉乳業主催)は13日、同町岩泉の町屋内多目的運動場で開かれ、日テレ・ベレーザ(東京都)の岩清水梓選手(32)=滝沢市出身=らが児童にサッカーの楽しさを伝え、2016年の台風10号豪雨から立ち上がる地域を励ました。

 町内の小学生ら約40人が参加。岩清水選手やJ2東京ヴェルディの柴崎貴広選手らの手ほどきで、リフティングやミニゲームを楽しんだ。

 台風10号直後に同町を訪問し、泥かきを行ったほか、昨年もサッカー教室で指導した岩清水選手は「東北からJリーガー、なでしこリーガーが出てほしいというのは最近引退した(小笠原)満男さんと同じ。(教室を通じ)少しでも笑顔になり、サッカーを好きになってもらえればいい」と思いを込めた。