日本相撲協会は11日、大相撲初場所(13日初日・両国国技館)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。先場所から番付を1枚上げ、自己最高位の東前頭2枚目となった盛岡市出身の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は大関と2日連続で当たる。初日は先場所、初顔合わせで破った豪栄道と対戦。2日目は栃ノ心(過去の幕内対戦成績1勝3敗)とぶつかる。