県は11日、花巻空港と中国・上海浦東(プードン)国際空港を結ぶ国際定期便が国土交通省の認可を受けたと発表した。中国・上海の航空大手中国東方航空が30日から、毎週水、土曜に往復運航する。国際定期便は本県では台湾に次ぐ2路線目。

 3月末までの冬季は、いずれも現地時間で午前10時15分上海発、午後2時10分花巻着と、午後3時10分花巻発、午後6時上海着。120席と156席の旅客機で運航する。