一関市社会福祉協議会千厩支部(村上良子支部長)が主催する千厩こどもキッチンは10日、同市千厩町の磐清水市民センターで開かれた。児童は地元産の野菜や果物を使ったカレーなどを作り、交流を深めながら楽しい時間を過ごした。

 地元の親子10人が、市食生活改善推進員協議会の会員に材料の切り方や作り方を教わりながら、冬のキノコ野菜カレーやキャベツのコンソメスープ、リンゴのミニパフェの3品を作った。盛り付けの際に飾りの野菜も添えて見た目も鮮やかに仕上げた。

 千厩小2年の千葉翔太君は「材料を切ったりするのは難しかったけど、おいしく作ることができた」と喜んだ。出来たてを味わった後、児童は協力しながら冬休みの宿題に取り組んだ。