サッカーJ3のいわてグルージャ盛岡を運営する、いわてアスリートクラブ(菊池賢代表取締役社長)は10日、盛岡市内で臨時の株主総会と取締役会を開き、新代表取締役社長に宮野聡社長補佐(33)を選んだ。菊池社長は専務取締役となる。いずれも任期は来月1日から。

 取締役には宮野社長補佐と県サッカー協会の佐藤訓文会長の2人が新任され、斎藤重信、金谷嶺孝の2氏が退任した。

 宮野氏は2016年、東京のスポーツ経営コンサルタント会社から同クラブに出向して常務取締役に就任。昨年1月から社長補佐を務めている。「ハード、ソフト両面で県全体のスポーツ振興に貢献し、岩手に新たな光をともせるよう全力で戦っていく」とコメントした。