全日本スキー連盟(SAJ)B級公認第59回県スキー選手権アルペン競技会第2日は9日、八幡平市の八幡平リゾート下倉スキー場でK2(中学1年から高校1年早生まれ)、K1(小学5、6年)の男女大回転が行われ、K2は女子の吉田朱里(あかり)(久慈中3年)が2連覇を飾った。男子は高橋大虎(だいご)(北上・和賀西中3年)が県勢最高の2位に入った。

 吉田は1回目の3位から、2回目はラップタイムをマーク。合計タイムは2分17秒19で、2位とは0秒79差だった。高橋は1回目に8位と出遅れたが、2回目にトップタイムを出し、順位を上げた。

 K1の県勢は、男子が菅原優成(チーム・インターアルペン、盛岡・中野小6年)の3位、女子は阿部美莉亜(松尾ジュニア、八幡平・柏台小6年)の2位が最高位だった。