【ロサンゼルス共同】プロ野球西武からポスティングシステムで米大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手(27)=花巻東高=がマリナーズと交渉するために本拠地シアトル入りすると、球団公式サイトが12月31日に伝えた。交渉期限は米東部時間の1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)に迫っている。

 今オフのマリナーズは主力を次々と放出して再建を図っており、日本球界屈指の左腕の獲得に高い関心を示している。同サイトでは12月のウインターミーティングでのディポト・ゼネラルマネジャーの「菊池は単年契約でサインするとは思えない。われわれがやろうとしていることに合致する」との談話も紹介した。