第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」は29日に開幕し、10月9日までの11日間、福井県を中心に37正式競技と特別競技の高校野球(硬式、軟式)が行われる。福井では第23回大会以来、50年ぶり2度目の開催。総勢555人の本県選手団は地元国体以来、2年ぶりに全37正式競技(会期前競技を含む)に出場し、男女総合成績(天皇杯)20位台を目標に据えた。「地の利」を消失して2年目の大会。岩手の真の力が問われる。前回の14位から小幅の下降で踏ん張れるか。各競技団体の合計目標得点1198点(参加点含む、終了した6競技は実際に獲得した点数)にどこまで近づけるか。