戦国乱世の軍議を勇壮に再現する一関市東山町の歴史イベント「第18回唐梅館(からうめだて)絵巻」は30日、同町の唐梅館総合公園などで開かれる。今年の総大将役は俳優の風間トオルさん(56)が務める。

 絵巻は、源頼朝による平泉藤原氏滅亡以降に磐井郡などを領した葛西氏の重臣・千葉一族の本拠地とされる唐梅館(長坂城)に各地の武将が集結し、豊臣秀吉軍と決戦を決めた1590(天正18)年の軍議を再現。長坂商店街から同公園までを武者行列が勇壮に練り歩き、その後軍議が行われる。

 風間さんは「メンズノンノ」などの雑誌モデルとして活躍後、1989年にテレビドラマ「ハートに火をつけて!」で俳優デビュー。舞台、バラエティー番組でも活躍している。

 当日は同商店街で総祝い千人踊り、ちびっこよさこい、山車運行などが繰り広げられる。29日には同商店街を会場に前夜祭「唐梅oh!天気祭り」を開く。