全日本大学野球連盟は25日、富士大の鈴木翔天(そら)投手(4年、神奈川・向上高)と佐藤龍世内野手(同、北海道・北海高)がプロ志望届を提出したとホームページ上で公表した。本県関係選手では初めて。

 鈴木は最速149キロのサウスポー。昨秋の八戸工大戦で北東北大学リーグ初の完全試合を達成した。今年は左肘痛の影響で出遅れたが、秋季リーグでは登板している。

 佐藤は右投げ右打ちの三塁手。1年時から出場し、長打力を武器に主軸として活躍する。昨秋は初の打点王と3度目のベストナインを獲得した。

 プロ野球ドラフト会議は10月25日に行われる。