奥州市江刺岩谷堂の歴史公園えさし藤原の郷(さと)は、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮広(あきひろ)さんが手がけた絵本「えんとつ町のプペル」をテーマにした「光る絵本展」を開いている。10月14日まで。

 絵本は煙突の煙に覆われて空が見えない街が舞台の心温まる物語で、西野さんがストーリーと絵の一部を描いた。2016年に出版され、これまでに30万部以上を売り上げている。

 会場には絵本のストーリーを記載したパネルと、絵を描いたパネルに後ろから発光ダイオード(LED)ライトを当てた「光る絵」41枚を展示し、絵本の幻想的な世界観を引き立てている。

 午前9時~午後5時。入園料が必要で大人800円、高校生500円、小中学生300円。