洋野町有家(うげ)のキノコ加工販売・長根商店(長根繁男社長)は天然アミタケで牛の生レバーを再現した「森のレバ刺」を販売している。牛レバーは2012年から生食用の提供、販売が禁止されているが、見た目も食感も似ていると、県内の焼き肉店などを中心に大きな反響がある。

 黄褐色のアミタケは、ゆでると赤紫色に変わる。スーパーマーケットなどで水煮で売られている小ぶりなものはシャキシャキした食感だが、大ぶりになるとトロトロとした舌触りで生レバーに近いという。

 商品は、大きさも本物に近づけるため一つ一つ手作業で切り分ける徹底ぶり。薄い塩味がついていて、本物のレバ刺しのようにごま油を付けて食べるのがお勧めだという。