舞台芸術制作に取り組む大船渡市のみんなのしるし合同会社(前川十之朗(じゅうじろう)代表)は29、30の両日、ミュージカル「いのちてんでんこ」に出演する主要演者のオーディションを行う。東日本大震災の被災者の証言を基にした作品で、来年3月10日に同市盛町のリアスホールで本公演を開催。同社は多くの県民の参加を呼び掛ける。

 同作品は前川代表(53)が作・演出。被災者から聞き取った体験談から構成し、避難所での生活や土地に根付いた文化や芸能などを描き、震災の記憶をつなぐ。2013年から関東を中心に公演し、これまでは主にプロが演じてきたが、作品の原点である大船渡での公演に合わせて主役などの主要演者を県内から募集する。

 応募条件は来春高校卒業見込み以上の人で、男性は40歳までが4人、60代が1人。女性は60歳までが4人とピアニスト1人。市内で約20回予定する稽古や3月2日の公開リハーサルへの参加に支障がない人を募集する。問い合わせは同社(0192・47・5123)へ。