西武5-3ロッテ

 これぞ4番だ。西武の山川穂高(富士大)が一振りで試合をひっくり返した。2-3の九回2死一、二塁で、内の変化球を捉えると弾丸ライナーが左翼席に飛び込んだ。逆転の43号3ランでチームを今季2度目の8連勝に導き「良かった。自分のスイングをしようと思った」と目を細めた。

 チームは八回に福浦の通算2千安打となる二塁打から勝ち越しを許し、敵地は勝利を願うロッテファンの歓声に満ちていた。九回、先頭打者の金子侑と秋山の連打で無死一、二塁としたが、源田が送りバントを決められず空振り三振。3番浅村も三振に倒れた。

 この試合を落とせば、ソフトバンクの結果次第で優勝へのマジックナンバーが消滅する可能性もあった。

 敗色ムードを振り払った主砲は「マジックどうこうは意識していない。その日、打つことしか考えていない」と重圧を感じさせない。