スポーツ能力測定会in岩手(日本航空主催)は17日、盛岡市上田の岩手大で開かれ、県内の小学生約400人が六つの種目で計測に挑んだ。

 参加者は機器で10メートル走や垂直跳び、バットのスイングスピードなどの測定に挑戦。ゲスト参加した柔道家の篠原信一さん、元スノーボードクロス日本代表の岩垂(いわだれ)かれんさんが「いいぞ、頑張って」と声を掛けた。

 測定結果を基に、スタッフが走力や持久力、敏しょう性など個人の長所と能力を生かせる競技を助言。野球やテニスなどの適性が認められた盛岡市の仁王小6年高橋慧(あきら)君は「いろいろ計測できて楽しかった。野球を頑張りたい」と張り切っていた。