大相撲秋場所7日目(15日・両国国技館)盛岡市出身で西前頭12枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西9枚目の大翔丸に引き落とされ、4勝3敗となった。

 錦木は立ち会いで大翔丸に当たり負け、突き、押しに後退。反撃しようとしたところで、相手の引きに足が付いていかず、あっけなく土俵に落ちた。

 8日目は東10枚目の碧山と対戦する。