【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスで、新たな損傷が判明した右肘に医師から投手復帰に1年以上かかるとされる靱帯(じんたい)再建手術(通称トミー・ジョン手術)を勧告されている大谷翔平(24)=花巻東高=について、マイク・ソーシア監督(59)は13日、来季以降の投打の「二刀流」の起用法を問われた際「来年は投げない」と語り、二刀流復活は2020年シーズンになるとの見方を示した。アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで行われたマリナーズ戦前に日米の報道陣の取材に応じた。