【仙台支社】収穫したばかりの遠野産ホップを使ったキリンビールの「一番搾り とれたてホップ生ビール」の仕込み式は12日、仙台市宮城野区の同社仙台工場で行われた。同ビールの発売は15年目。数量限定で10月23日から全国発売する。

 国内有数のホップ産地である遠野市の本田敏秋市長、遠野ホップ農協の佐々木悦男組合長らが参加。本田市長は「今年も『遠野産』と入ったラベルで全国発信される。天候にも恵まれて品質の良い、生産者の思いの詰まったホップを届けることができた」とあいさつ。夏に収穫し、水分を含む生の状態で凍結したホップを手作業で仕込み釜に投入し、フレッシュな香りが引き立つビールの仕上がりを祈った。

 同ビールは全国で大瓶換算約55万ケース(7千キロリットル)の販売を見込む。