米大リーグは11日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)はレンジャーズ戦に「4番・指名打者」でフル出場し、3打数無安打、1三振で9試合連続安打はならなかった。チームは1-0で勝った。

 エンゼルスの大谷は指名打者で出場した試合では8月17日以来の無安打に終わり、連続試合安打も8で止まった。両チームともわずか2安打と打線が低調で、好調な打撃が続いていた大谷も一休みとなった。

 一回は引っ張ったゴロが二塁手の正面を突き、四回は粘った末に10球目の低めの変化球を空振り三振。六回は左腕ペラムに遊ゴロに打ち取られた。

 3打席いずれも前の打者トラウトを塁に置いて迎えたが好機を広げられなかった。

(アナハイム共同)