盛岡秋まつりの山車安全祈願祭は12日、盛岡市八幡町の盛岡八幡宮で開かれた。9台の山車が市内を練り歩く予定で、関係者が運行の安全を願って音頭上げを披露した。

 山車を制作・運行する市内の団体や、盛岡山車推進会の関係者ら約40人が出席。神事の後、各団体の音頭長らが順番にそれぞれの音頭上げを披露。扇子を片手に堂々とした振る舞いで声高らかに響かせた。

 盛岡秋まつりでは14日午後1時から同八幡宮前を出発する八幡下りパレード、15日午後6時から盛岡山車大絵巻パレードが行われ、同市内丸から同市大通を華やかな山車が練り歩く。