二戸市堀野の岩手県北自動車学校(佐々木裕子社長)は、小型無人機ドローンの操縦士を養成する岩手県北ドローンスクールを開校する。日本UAS(無人航空機システム)産業振興協議会(JUIDA)の認定校としては県北初、県内5校目。9月15日に同校で開校式典を行い、10月に第1期を開講。高い操縦技術を持つ人材育成に取り組む。

 受講者は4日間、ドローンの仕組みや関連法令、管理方法などを学び、実技講習を受ける。終了するとJUIDAの操縦技能証明証と安全運航管理者証明証が発行され、国土交通省への飛行申請時に許可が得られやすくなる。

 講師は当面、系列で奥州市の江刺自動車学校などから派遣を受ける。将来は岩手県北自動車学校の佐々木雄祐専務(34)ら準指導員2人が指導員となり講師を務める方針。ドローンの販売も行う。

 講習料は24万円(税別)。問い合わせは岩手県北自動車学校(0195・23・2105)へ。