17日午前4時5分ごろ、花巻市の東北道上り線の花巻インターチェンジ(IC)付近などで「車が逆走している」との110番通報が相次いだ。駆け付けた県警高速隊が、紫波ICの北側約100メートルの地点で逆走する軽乗用車を発見し、約1・8キロ先で停止させた。運転していたのは一戸町の男性(78)で、走行経路などについて「分からない」と話している。

 同隊によると、軽乗用車は上り線の追い越し車線側を逆走。同隊が拡声器で呼び掛けて停止させた。

 男性は一戸町の一戸ICから上り線で南下し、その後、花巻ICより南側の地点で逆走を始めたとみられ、同隊が詳しい状況を調べている。逆走した距離は15キロ以上とみられ、車のバンパーやサイドミラーが破損するなどしていた。