岩手町五日市の石神の丘美術館(館長・佐々木光司町長)で、ラベンダー園が見頃を迎えている。同美術館では9月から屋外展示場を再整備する工事が始まる予定で、ラベンダー園の移植や拡張を行う。夏の呼び物として親しまれてきた現在のラベンダー園は今年で見納めになる。

 町は老朽化した施設の補修に合わせて屋外展示場を再整備するアートガーデン構想を進めている。2020年初夏のリニューアルオープンを目指しており、工事のため9月から屋外展示場は閉鎖される。

 16日までフェアを開催し、期間中は無休。屋外展示の観覧料は一般100円、大学・高校生50円、中学生以下無料。300円で摘み取り体験もできる。