環境省が整備を進めている長距離自然歩道・みちのく潮風トレイルの普代村内区間で4日、2016年に全ルート踏破を果たした俳優のなすびさん(42)=福島県出身=らが草刈り作業を行った。東日本大震災からの復興を願いながら、快適なルートづくりへ汗を流した。

 同省が主催し、村内外の約30人が参加。同村の北山崎自然遊歩道の約6キロで、伸びた草や道を阻む枝などを刈り取った。なすびさんは参加者と交流しながら、雨の中懸命に作業を進めた。

 なすびさんは15年末から16年初めにかけて未整備区間も含めた同トレイルの全ルートを踏破し、同年5月にはエベレスト登頂に成功した。「潮風トレイルの踏破でエベレスト登山にも弾みがついた」と振り返り、「トレイルをあらためて歩き、着実な復興を感じる半面、まだ進んでいないと感じる部分もあった。だからこそ風化を防がなくてはいけない」と力を込めた。

 みちのく潮風トレイルは八戸市から福島県相馬市の約900キロ区間で、同省によると本年度中に全ルートが開通予定。