「困難の中にいる子どもたちの未来のために学びたい」。26日に盛岡市で開幕した第23回NIE全国大会盛岡大会には、西日本豪雨で被害を受けた地域の教育関係者も参加した。校舎が被災した岡山県倉敷市真備(まび)町の真備(まきび)中(斎藤善紀校長、生徒248人)の高橋恵子教諭(54)は、東日本大震災後の教育現場や復興教育を学ぶために来県。いわての復興教育プログラムの立案・作成に関わった県立総合教育センターの藤岡宏章所長から震災当時の話を聞き、子どもたちの「心のよりどころ」となる学校の再開を見据えた。

 高橋教諭は大会開幕前に藤岡所長と面会。真備町の被害を説明し、学校再開の準備、生徒の心のケアなどを尋ねた。「これほどの被害は想像しておらず、毎日が手探り。わがままを言わず、けなげで元気な子どもたちの姿が逆に心配だ」と切実な思いを投げ掛けた。

 倉敷市北西部に位置する真備町は小田川の堤防が決壊し、住宅街を含めた広範囲が水没。3階建ての同校も2階部分まで水が入り、設備が使い物にならなくなった。生徒全員が無事だったが、自宅が全壊して避難所やみなし仮設住宅で暮らす家庭も多い。

 現在は夏休み中で、9月3日から倉敷芸術科学大を間借りして学校再開する予定だが、車で40分ほどかかり通学に不安が残る。

 藤岡所長は震災時の経験から「学校復旧は市や県など大きなくくりで対応する必要がある。先生は生徒に寄り添い、じっくり話を聞くことが重要だ」と助言。

 生徒のよりどころとして学校の早期再開を進めつつ、総合教育の時間を増やし、スクールカウンセラーも配置して精神的な支えを重視したことも伝えた。学校再開までのガイドラインなどの資料を提供。教材がない中、新聞を使って授業をした事例も紹介した。