学校での学習に新聞を活用するNIE(教育に新聞を)の第23回全国大会(日本新聞協会主催)は26、27の両日、盛岡市と大槌町で開かれる。「新聞と歩む 復興、未来へ」をスローガンに、座談会や記念講演、県内各校の公開授業などを展開。東日本大震災後の復興教育や、防災学習に新聞を生かしてきた本県の実践を全国に発信する。

 全国の教育、新聞関係者ら約1600人が参加予定。26日は、同市盛岡駅西通の市民文化ホールを会場に斎藤孝明治大教授が「新聞力と復興」と題して講演する。座談会は、震災を経験した高校生や大学生、沿岸部で新聞作りに取り組む教員らが登壇する。

 27日は県内17校1団体が同ホールと隣接するアイーナで実践発表、ポスターセッションなどに臨む。大槌町の大槌学園は特別分科会として、同校で授業を公開する。