社会人野球の第45回JABA県クラブ選手権兼第43回全日本クラブ選手権県予選最終日は1日、奥州市の江刺中央運動公園球場で準決勝と決勝が行われ、水沢駒形倶楽部が2年連続18度目の優勝を果たした。

 水沢駒形倶楽部は、準決勝で北上REDSに七回コールド9-1で圧勝。オール江刺との決勝は、同点で迎えた九回に2点を挙げて逃げ切った。

 水沢駒形倶楽部と準優勝のオール江刺は全日本選手権出場を目指し、8月3日から福島市で行われる東北予選に出場する。