2020年東京五輪に向け、盛岡市で合同強化合宿をしているカナダと日本の女子代表選手らによる水球教室(県水泳連盟など主催)は7日、同市本宮の市立総合プールで開かれ、水球に取り組む児童生徒らが世界の強豪選手の技に触れた。

 水球教室に通う児童生徒ら約60人が参加。レベル別に分かれ、泳いで体を慣らした後、パスやシュートの練習に取り組んだ。

 代表選手たちは実践を交えて指導。試合形式の練習では共にボールを追い、子どもたちがゴールを決めるとプールに歓声が響いた。