花巻東が初戦敗退 春季東北高校野球第1日

山形城北-花巻東 4回裏花巻東2死三塁、谷が中前に適時打を放ち、3-5と詰め寄る。投手竹田、捕手古関、球審小松=青森県総合運動公園
山形城北-花巻東 4回裏花巻東2死三塁、谷が中前に適時打を放ち、3-5と詰め寄る。投手竹田、捕手古関、球審小松=青森県総合運動公園
2018.06.08

 【青森市で本社取材班】第65回春季東北地区高校野球大会は7日開幕し、青森市の青森県総合運動公園球場などで1、2回戦4試合が行われ、本県第1代表の花巻東は2回戦で山形城北(山形第3)に3-5で敗れ、初戦突破はならなかった。

 花巻東は2点を先制された一回裏、阿部剛士(3年)の右越え二塁打で同点に追い付いたが、先発平山涼太(同)が踏ん張れなかった。二回に1点を勝ち越されると、三回は失策が絡んで2失点。四回に谷直哉(3年)の中前打で2点差に迫ったものの、反撃はそこまでだった。

 第2日の8日は、青森市営球場などで2回戦6試合が行われ、本県第2代表の専大北上は金足農(秋田第1)と、第3代表の盛岡中央は八戸学院光星(青森第1)と対戦する。

関連リンク

この記事を読んだ人が、
興味を持った記事