6日は二十四節気の一つ芒種(ぼうしゅ)。梅雨入りを前に、穀物の種をまく時期とされる。5日の県内は高気圧に覆われて気温が上昇し、最高気温は宮古・川井30・2度(平年比7・8度高)、軽米30・0度(同8・7度高)で真夏日を観測した。

 住田町上有住の河村ハルノさん(76)の畑約15アールでは、ナデシコの花がピンク色のじゅうたんのように咲き誇り、緑深まる山里の初夏を彩っている。

 見学に訪れた陸前高田市気仙町の熊谷カツヨさん(92)は「すてきな花で癒やされる」と美しい風景に見入った。