2018.06.25

第8部特集 持続可能な未来へ

晩秋の光を浴びながら産卵のため川をさかのぼるサケ=2017年11月、陸前高田市・矢作川(潜水、水中カメラで撮影)
晩秋の光を浴びながら産卵のため川をさかのぼるサケ=2017年11月、陸前高田市・矢作川(潜水、水中カメラで撮影)

 私たちの暮らしに多くの恩恵を与えてきたサケを見つめ続けた本連載。回帰資源の増加を図り、持続可能な水産業を確立するためにどうすればいいのか。増殖事業関係者や識者の意見に耳を傾け、森・川・海の循環を保ちながらサケ資源を保つ努力を重ねる現場を歩いた。

プレミアム会員登録すると記事全文がご覧になれます。

ログインして記事全文を読むプレミアム会員に登録する