2018.06.24

第8部 南限からの提言 ④新たな管理モデル

日没後の豊平川でサケ稚魚を探す森田健太郎さん(手前)。資源維持に向けて自然産卵による野生魚の可能性を追究する=札幌市
日没後の豊平川でサケ稚魚を探す森田健太郎さん(手前)。資源維持に向けて自然産卵による野生魚の可能性を追究する=札幌市

資源保つ、野生魚の力

 海の環境変化に翻弄(ほんろう)されるサケの人工ふ化放流事業。限りある資源を守り伝えるための新たな手法が求められている。そのヒントを探して北海道に向かった。

プレミアム会員登録すると記事全文がご覧になれます。

ログインして記事全文を読むプレミアム会員に登録する