7月26、27の両日に盛岡市と大槌町で開かれるNIE全国大会盛岡大会(日本新聞協会主催)の大会前最後となる第5回実行委員会は21日、同市志家町のサンセール盛岡で開かれた。教育、新聞関係者ら約30人が出席し、大会プログラムと大会予算案を承認した。

 同協会の服部朋子新聞教育文化部長が「人生を切り開く力を身につけようと、奮闘している児童生徒の学びのそばに新聞があることに理解を深める大会にしたい」とあいさつ。実行委の望月善次委員長は「力を結集して、全国大会を成功させたい」と気勢を上げた。

 初日はマリオスで、斎藤孝明治大教授の記念講演や座談会を展開。2日目はアイーナで公開授業や実践発表、ポスターセッションを行う。大槌町の大槌学園でも授業を公開する。

 申し込みは日本新聞協会岩手日報NIEウェブサイトから。受け付けは7月10日まで。