北海道室蘭市と宮古市を結ぶ川崎近海汽船(東京)のカーフェリーが22日、新たに就航し、初めての便が宮古港から出航した。本県では初の定期航路となり、観光や物流を促進し、東日本大震災からの復興の後押しになるとの期待がかかる。1日1往復する。

 使用する船舶は「シルバークイーン」(7005トン、全長134メートル)。旅客定員は600人で、長さ12メートルのトラック69台と乗用車20台が積載できる。青森県八戸市と仙台市を結ぶ三陸沿岸道路の整備に伴い、新規に顧客を取り込めるとみている。

 岩手県港湾課の照井巧統括課長は「震災後の復興需要はピークを越えつつある。フェリーの就航を機に北海道の業者らと新たな取引ができれば復興や地域振興になる」と話した。

 旅客運賃は一番安いタイプで6千円、乗用車は2万800円から。