花巻市東和地域で9月23日、ハーフマラソン程度の距離を走りながら棚田などの田園風景や江戸時代に一揆が頻発した歴史に触れるイベントが試行される。13日は実行委が設立総会を開催。今回の参加者から来年度以降の企画について意見を募り、東京五輪開催の2020年に本格的な大会実施を目指す。

 設立総会は同市東和総合支所で開かれ、委員20人のうち14人が出席。実行委会長に同市東和町土沢の自営業川村智子さん(45)を選んだ。

 イベント名は「東和棚田マラソンPlan&Runツアー2018」。農村で滞在、交流し活性化を目指す「東和農旅」をPRするのが狙いだ。初回は試走イベントとし、参加者は30人程度。ポスターや会員制交流サイト(SNS)で周知し7月ごろをめどに募集を始める。